老後のお金

老後のお金には、年金が必要か

老後のお金には、年金が必要か

老後のお金というと年金がメインになってくると思いますが、その年金制度への不信や納付率が60%程度というのが問題になっているようです。
このまえテレビでやっていたことで、老後に年金を受け取れるかどうかという質問に対して、曖昧な回答をしていた専門家がいました。
100%受け取れる必要があるはずですが、ちょっと濁すのは制度自体に欠陥があるからではと思わせぶりです。
とりわけ国の年金制度ではなくても、金融の年金制度を利用すれば事足りる面があるわけですが、各社は国の年金制度へ加入していることが多く融通がきかないことが多くなっています。
仮に国の年金制度が破綻しても、掛け金が無駄にならないように掛け金を移動できるような体制があればなぁと思います。
破綻しました、もう年金はありません、さようならでは済まされないでしょう。
一方で、納付そのものをしていなかった場合、年金自体を利用していないから受け取ることはないでしょう。
それまでの貯蓄を崩して生活するか、家を売却するか、働くかということになってきます。
そういう人が40%もいるというのは老後にも生活苦になってしまう人がかなりいることになるかもしれません。
それまでに国が何か考えるかどうかです。
着手金無料で過払い金請求ができる


ホーム RSS購読 サイトマップ