浮気調査

浮気調査とパートナーの警戒心

浮気調査とパートナーの警戒心

浮気調査を探偵に依頼する時にパートナーの警戒心があるかないかというのは
調査料金を決定する際に大きく影響するポイントの一つとなっています。
探偵に浮気調査を依頼した場合は尾行をするのが当たり前と言われています。
もし、パートナーが探偵に依頼をする前から浮気を疑われているのではないかという
警戒心を持っていると突然後ろを振り返ったり、尾行している人間を撒くような
動きをしたりして尾行をする難易度が高くなってしまいます。
そのような調査の難易度というのも探偵の料金には関わってくるのです。
なので費用を掛けずに自分で浮気調査をしたけど何も証拠が出なかったどころか、
相手にそのことがバレてしまっていたり、調査力のない安い探偵に依頼した結果
尾行がバレてしまったりして、最終的に信頼できる調査力の高い探偵に依頼を
しようとしても場合によっては引き受けてもらうことすらできなかったり
引き受けてはくれたけど調査にかかる費用が高くなったりすることもあります。
なので無闇に浮気調査を始めるとかえって逆効果になってしまうのです。
また、探偵に依頼をしている際に報告を受けて限りなくクロに近いことがわかっても
それを態度に出してしまうと相手の警戒心を高めてしまうので全てが終わるまでは
心を無にするという努力をする必要もあります。

探偵 依頼 料金


ホーム RSS購読 サイトマップ