無駄毛が生える仕組み

無駄毛が生える仕組み

無駄毛が生える仕組み

体の中にある毛は一定周期で生えたり抜けたりしていて、生えている毛が抜け落ちて、再び毛が成長して生えてくるサイクルを繰り返しています。毛の生える周期を毛周期といい、成長期は、毛穴の奥で新しい毛が生成され、時間経過とともに、毛の先端が肌表面にでてきて伸びてゆきます。後退期は、毛母細胞への栄養がストップして細胞の分裂がとまった状態です。休止期は、自然と毛が抜けるのを待っている状態です。毛周期は、毛が生え、成長し、抜け落ち、再び生えるまでの毛の成長周期を示していて、この周期にそって、無駄毛は生えてくるのです。無駄毛が生える仕組みは、毛根からの細胞分裂で毛が生えて成長していきます。毛根の毛の母細胞が何度も細胞分裂を繰り返すことで、毛は成長していくのです。毛が生える周期は、ほとんどは毛周期で決まります。無駄毛が生える仕組みは、細胞分裂と毛周期によって成立しています。毛乳頭の毛母部分が毛髪の発生や成長を司っているので、毛母細胞がある限り、いくら抜いても毛はまた生えてきます。毛は常に生え、抜けているわけで、脱毛する際は、毛周期に合わせて施術を行います。
ミュゼ 全身脱毛 料金


ホーム RSS購読 サイトマップ